売却のメリット

お金を準備する

不動産の投資目的の保有はいつの時代も人気があるものです。
バブルの時代はその値上がり期待による短期保有が多いものでしたが、今では長期保有による安定収入目的の購入が多くみられるものです。
けれども最近ではそのスタイルにも変化が見られ始めています。
長く続いた土地価格の下落にようやく歯止めがかかり、不動産価格にも上昇の兆しが見えてきています。
資産価値の上昇という意味では歓迎されるものですが、賃貸経営においては家賃の利回りの低下が懸念されることになります。
これまではほとんど資金を必要とせずに物件を購入できたものですが、その新築物件で収益を挙げるものを探すことが困難になると見られているわけです。
そこで、中古市場に注目が集まるようになってきています。

中古物件であれば、価格が安いことに対して家賃がそれほど下がらないのが人気の理由となっています。
けれども新築物件と比べて異なる点がひとつあります。
頭金をある程度必要とすることです。
サラリーマンにとって投資用不動産の大きな魅力は、資金をほとんど必要としないことです。
けれども、まとまったお金を定期預金に預けることを考えると、大きな利回りが期待できるものとなります。
眠っている資金を活かす意味においても、中古物件は大きな魅力を持つ投資対象となるわけです。
また、資産価値の上昇を見込める地域も出てきていることから、長期保有でも短期売却にも対応できるため、これからはさらに収益物件をこの中古市場で探す動きが広がると見られています。