評価

建売物件

不動産として利用する機会の多いものにアパートがあり、不動産ビジネスや住む場所として使われています。
この物件は昔から利用されていましたが、最近は供給が増えてきています。
もともとこのタイプの建物は耐久性が高いので、長期間の利用が可能です。
そのため昔建てられたものと最近作られたものが共存し、それが大きな供給源になっています。
そして少子化が進んでいるので借りる人が減ってきており、全体的に見ると利用するときの負担は小さくなっています。
ただ二極化も起きていて都市部ではほとんど空き部屋がない地域もあり、場所によっては非常に価格が高いケースもあります。
このような傾向があるので最近のアパートは高いところと、安い所に分かれています。

アパートの価格は二極化が起きていて、都市部とそれ以外では値段が全然違います。
さらに首都圏のような人の多い所と、地方の人が少ないところでも違いが出てきています。
この傾向はいまだに止まることがなく、価格の二極化はどんどん進んでいます。
そのため不動産を使った投資ビジネスの形も変わってきていて、需要のある地域では盛んに行われています。
最近は不動産を使った投資ビジネスが活発なので、その影響で都市部のアパートの価値は上昇しています。
このような状況があるのでアパートの価格は、上がる所はどこまでも上がっていく可能性があります。
逆に需要の少ない地域の場合は価格が下がりすぎて、ビジネスにならないケースも出てきています。